クレジットカード現金化でカードが強制解約になるリスク

クレジットカード現金化はあまりリスクがない方法ですが、全くないわけではありません。
悪質な業者に騙される以外のリスクとしては「クレジットカードの強制解約」があげられます。
では、どんな時にクレジットカードが強制解約になってしまうのでしょうか。

カード会社に現金化を疑われた

クレジットカード現金化という行為は違法ではありませんが、カード会社は禁止しています。
それは利用規約に明記されていて、日本クレジット協会にも禁止されている行為です。
でも商品をカード決済で購入しているだけなのに、なぜ現金化を疑われてしまうのかと不思議に思うかもしれません。
一例をあげると、立て続けに高額な商品を購入していたり、換金性の高い商品ばかり購入しているとカード会社からのチェックが入ります。
その点、クレジットカード現金化の優良業者であれば、カード会社から疑われないノウハウをもっています。
自分でクレジットカード現金化をしようとするとリスクが高いのはこのためです。

カードの支払いができなくなった

クレジットカード現金化は簡単に、しかも即日現金を手にすることができる、とっておきの方法です。
しかしあくまでも一時しのぎのやり方で、常態化してしまうとリスクが伴います。
クレジットカード現金化業者によっては支払い方法を、分割払いやリボ払いから選べる場合もありますが、支払わなくてよいわけではありません。
何度も現金化を繰り返すことで支払い残高がかさみ、延滞してしまう可能性もあります。
カード会社にもよりますが、支払いが延滞してしまうと延滞料金が発生するだけではなく、強制解約になってしまう場合もあります。
強制解約になると信用情報にキズがついてしまいます。
せっかく、クレジットカード現金化という信用情報に関係のない方法を選んでいるのにこれは勿体ないことです。
クレジットカード現金化をする時は、自分のカードのショッピング枠や支払い能力に応じた利用をしましょう。
また怖いのは、強制解約になってしまうと利用残高が一括で請求される可能性があるという点です。
そもそも支払えなくて延滞しているのに、残りを一括で請求されても払えるはずがありません。

強制解約になるとどうなる?

実は影響があるのは強制解約になったクレジットカードだけではありません。
保有しているそれ以外のクレジットカードも利用停止になってしまう可能性があるのです。
また、クレジットカードだけではなくローンの審査などにも影響を及ぼします。
これら経済活動全般で身動きがとれなくなってしまうのです。
そして一度信用情報についたキズは約5年は消えません。
このことからも、クレジットカードの強制解約は絶対に避けねばなりません。

クレジットカードが強制解約になってしまうパターンとそのリスク

クレジットカードが強制解約になってしまうのは「カード会社に現金化行為を疑われた場合」と「支払いを延滞した場合」です。
いずれの場合も強制解約を回避する方法はありますが、絶対ではありません。
また一度クレジットカードが強制解約になってしまうとカードが使えないだけではなく、様々な経済活動に制限がかかってしまいます。
そして信用情報に一度キズがつくと、5年は消えません。
クレジットカード現金化でクレジットカードが強制解約になることだけは避けましょう。