クレジットカード現金化を怖いと感じる理由

頻繁に旅行に行き買い物をしすぎて、気がついたらお金をたくさん使ってしまったという経験はありませんか?給料日まではまだ時間があるのに、家賃や光熱費の支払いをしなければならない時には緊急に現金が必要です。
どうしても現金が必要な時に助けてくれるのが、クレジットカード現金化です。
でもクレジットカード現金化をしたことがない人にとっては怖いと思うこともあります。
以下は利用者が怖いと感じる要素です。

現金化業者が怖い

ネット上では多くの現金化業者の広告を目にします。
中には態度の悪い悪徳業者もいます。
悪徳業者に当たってしまうと現金を振り込まれなかったり、高い手数料を取られたり、取引を中止したいと思ってもキャンセル料を求められたりします。
断ろうとすると、大きな声で怒鳴られたり、ゆすられたりします。
そうした情報を聞いていると怖いと感じる人もいるようです。
しかし優良業者も確実に存在するので、利用する前に口コミを確認したり、これまでの利用者の感想を参考にして、信頼できる業者を選べば怖い思いをすることはありません。

個人情報の漏洩が怖い

現金化業者とやり取りする時に、自分の電話番号やメールアドレスが業者に知られてしまいます。
現金化にあたって、業者が指定する商品を買い、同じ小業者に中古品として売却します。
中古品として買い取る時には古物営業法に基づき、利用者の身分証を提示しなければなりません。
顔も見たことがない現金化業者に自分の身分証を送るのは怖いと感じる人もいます。
しかし優良業者であれば身分証の扱いは厳重に行い、現金化が終わった時点で個人情報も破棄されるので、安心して利用できます。

法律に違反しているようで怖い

クレジットカードの現金化とは、買い物で使うショッピング枠を現金に換える方法です。
そのため法律に違反しているのではないかと怖がる人も多いですが、犯罪ではありません。
しかし微妙な行為なので、発覚すると何かのペナルティが課せられる可能性があります。
特にクレジットカード会社の利用規約には違反しているので、カードが利用できなくなったり、強制的に解約させられることもあります。
しかし多くの優良業者は、カード会社の規約に配慮して利用者に負担がかからないように考えているので安心できます。

お金を騙し取られるようで怖い

悪徳現金化業者の手口で換金率が高いように見せて、法外な手数料を取り、利用者からお金をだまし取ることがあります。
途中で気づいた利用者が取引を中止しようとしても、キャンセル料の支払いを要求され、恐喝まがいの行為をしてくる業者さえいます。
換金率が98%と書かれているとついつい利用したくなりますが、異常に高い換金率の業者は注意した方が良いでしょう。
むしろ80%後半から90%前半であれば良心的な現金化業者と判断できます。

まとめ

初めての人にとって、クレジットカード現金化は怖いと感じますが、前もってよく調べて優良業者を利用すれば、大きな問題は起きません。
またどうしても現金化業者を信頼できない時には、自分がクレジットカードで買った商品をネットオークションで売るなどして、現金化業者は頼らないようにすればリスクを避けられ安心できます。