クレジットカード現金化業者に優良店を選ぶのは必須。その方法とポイントを解説

クレジットカード現金化を行う際に必ずチェックしておかなければならないのは、その業者が信頼できる優良店であるかどうかです。
優良店ではない現金化業者には多数のリスクが存在し、利用は避けなければなりません。
そこで、クレジットカード現金化業者に優良店を選ぶ重要性とその方法を解説します。

優良店選びは非常に重要な要素

クレジットカード現金化にあたり優良店をチョイスするのは非常に重要で、まず第一に考慮しなければなりません。
どうしても換金率が良い業者に飛びついてしまいそうになりますが、信頼できる優良店ではない業者に頼んでトラブルに巻き込まれないよう注意が必要です。
優良店かどうかの重要な確認ポイントは「公式ホームページ」「口コミ」「認可」です。
まず、公式ホームページを隈なくチェックするようにしましょう。
換金率や手続きの説明に違和感や不明瞭な点のある業者は要注意。
また、「古物商許可証」「特定商取引法表示」の掲示をしている公のチェックを通った業者なのかどうかもきちんと確認しておきましょう。
その他、利用者の口コミの好評・不評含めこれらの情報を確認しておけば、ある程度安心して優良店を選ぶことが可能です。

見た目ではなく実際の換金率で優良店を見極める

根本的な部分ですが、換金率が相場に対して適正でない業者は避けるというのも優良店を選ぶ際の重要な確認事項です。
優良店でない業者にはホームページ上で高換金率であるとうたってはいるものの、実際はそうでない場合があります。
そのカラクリとして、手数料等が必要経費として差し引かれてしまい換金後に想定していたほどの金額が手元に残らないというケースです。
優良店であれば各種手数料や差し引かれる金額がしっかりと明記されているので、事前にしっかりチェックすることによって実際の換金率を把握し、クリアな優良店を選ぶようにしましょう。

間にあわなければ意味がないので入金スピードも要チェック

換金された現金がすぐに目的に使用できる状況にならなければ意味がありません。
入金手続きの行程を確認し、実際にはどのくらいの所要時間で入金してもらえるのかを事前にチェックしておきましょう。
優良店であれば入金スピードの記載も明確なので重要な確認事項です。
特に急ぎの用事がある場合は、入金スピードがクリアな優良店を選ぶことによって希望通りのスムーズな現金化が可能になるようにしましょう。

優良店ではない業者にはリスクがつきまとう

前提としてクレジットカード現金化は法律上違法ではないものの、クレジットカード会社各社によって利用規約・会員規約で禁止されています。
したがって杜撰なサービスの現金化業者を利用してしまった場合に、規約違反発覚によってクレジットカード利用停止・強制解約というリスクが生じてしまいます。
また、信用情報に傷が付くことにより今後クレジットカードを所有する事が厳しくなるというケースも考えられます。
そういったトラブルに巻き込まれない為にも、公式ホームページや口コミをチェックし、過去にトラブル実績のあるような信頼性に疑問符が付く業者の利用は避けるようにしましょう。

優良店を選ぶことがを身を守る第一歩となる

クレジットカード現金化業者は様々あり、その中から利用者にとって透明性のあるサービスを提供している優良店を選ばなければなりません。
確認しておかなければならないこと、不安や不透明な部分はしっかりと事前にチェックすることによって優良店を選び、安心してクレジットカード現金化業者を利用するようにしましょう。
クレジットカード現金化の優良店